2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「孝天は生に限る!」

なんて、もうスーの(懐かしい~)活動を追わなくなってから、忘れかけて
た言葉を思い出しました。


KEN・CHU WONDERFUL SUMMER LIVE

なんてタイトルで、ラフォーレミュージアム六本木で着席で、何するの
それも、お高いお値段で・・・なんておもいながらも、歌が聞ければイイかと
思って参加。

金曜日に大阪の、ZEPP・NANBAで(こっちも着席よ!)LIVEに参加した友から可愛くなってるという
連絡をもらっていたので (これは、友が痩せた孝天を知らないから)
期待半分でいたら、BANDが凄い!と・・・

何が凄いのかと思ったら、マジで凄い!
だって、GUITARで『酷愛楽団』の阿龍が、来てるって
マジですか

まさか、日本で聞けるって思っていなかったし、さらにバックバンドで
来る!なんて考えられないでしょ?

さらにKEYBOARDの 袁偉翔(芬逹)は2010年金音奨を受賞してるし・・・

今回は、全て英語曲・・・
本人曰く、「人生の節目で、影響された曲や、思い入れがある曲」ばかりを
集めた・・・そうですが、ま、歌い慣れてる感、満載でBANDとの息も
ピッタリ

ま、言うなれば、公開カラオケ?みたいなモン(爆)

ラフォーレミュージアム六本木で着席となれば、せいぜい700位。
フラットでしたが、一番後ろでも、14列程度なので、十分顔は
見れる距離です。

『OVER THE RAINBOW』で始まり、MCのたびに、舞台左手に、女性通訳
さんが、登場し、通訳してくれます。
私の中国語能力でも、ほぼ半分は聞き取れる、滑舌のイイ孝天さんの
中国語でした。

一曲終わる毎に、曲の思い出や、心境を語るんですけど・・・

二曲目の、『KILLING ME SOFTLY』(やさしく歌って)では、
4,5歳の頃に、ラジオから流れてきて、不思議に思って、ラジオを
分解して、親に怒られたって。
(私はこの歌が大好きで、これを聞きたさに、ロバータ・フラックの
 東京公演を、今は無い新宿厚生年金へ行ったのサ
 アア、トシヲカンジル)

BEATLESの、ジョージ・ハリスンの曲の時には、
『BEATLESの中で、一番好きなアーティストF4の中の、自分
 みたいなポジションでしょ?』って。
(イエイエ、カイジョウニキテルダレモ ソウハオモッテマセン)

4曲、終わって、一度引っ込んだ間に、BAND紹介があったけど・・・
これが、メチャクチャ上手い!
しばらく、このママでも、いいわ!ってくらいでした。

着替えて出てきたら、

『しばらく日本に来れなくて、申し訳なかったから、プレゼントが
 ある!』
と抽選大会。

商品は、本人撮影の、写真パネルと、本人制作の陶芸の、小鉢や皿。
(大阪では、10個用意したけど、気に入ったのは、4つだけ!って
 話したそうですが、全部で6個あったよ)
それに、サイン入りパンフ。

どれでも好きなの!と言ってたけど、ちゃんと
『僕以外でね?』って
(そんなジョークが言えるようになったのね~~)

昼の部では、当選して感激したFANが、動転して、泣き出したり足元が
覚束なくなったのを、ちゃんと心配して、自分が汗拭いたタオルを
渡してました。
(私は、タオルと、阿龍のHUGでイイです。)

夜の部では、どれでもイイよ!
BAND MASTERにする? 但し、LIVEが終わってからね~~

なんて、以前では、考えらないようなJOKEまで

BANDはROCKできるメンバーですが、立ち上がるような曲も、終わると
孝天から、
『座って!座って!』とアピール。

さらには、初恋の頃に聞いた曲のMCには、
『いろいろ恋愛してきたけど(ソンナハツゲン、シマスカ?)初恋は忘れたい
 ような、忘れたくないような思い出』なんだそうで。

孝天は、只今、大陸でドラマの撮影中だそうで、それを
抜け出してきた!とのことで、

『我很累』を連発してました。
(LIVE中に、たぶん、4,5回は言ったと思うし。)
昼は、喉の調子もあまりよくなかったのか、喉スプレーを多用して、さらにドリンク剤も
飲んでいたし(ステージでするかぁ?)
さらに、夜の部では
『昼、夜、一日2回は疲れる!』って。
但し、夜になって、体も温まったのか、昼よりはずっと声も
出るようになってました。

でも、大阪も含めて、全部に来た人が、かなり居たことにも驚いて
いました。(アナタノ、真的迷ナラ、トウゼンデショ)

夜の部には、今撮影中の、監督が来ていて・・・
『将来、監督の仕事がしたいので、今勉強中!』と発言。

パンフレットの中の、インタビューで、
――今、夢中になってること――

トライアスロン!には、びっくり

      昔は、嫌いなこと『汗をかくこと!』だったような・・・

今は、トライアスロンで完走するのが、最大の夢だそうです。


歌の上手さはもちろんのこと、とても人間的に、柔らかくなった
カンジがしたのが印象的でした。



セットリスト

★ Over The Rainbow

★ Killing me softly

★ More Than Words(エクストリーム)

★ True Colors(シンディ・r-パー)

★ While My Guitar Gently Weeps(ビートルズ)

★ I Don't What Talk About It(クレイジー・ホース)

★ That's Why(マイケル・ラーンズ・トゥ・ロック)

アンコール

★ And I Love You So

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120821-00000002-pia-ent

詳しく記事になってます。

Read More »

スポンサーサイト

大阪アジアン映画祭ー

台湾では、抗日映画という前振りが付いたため日本での公開は、厳しいかも~~~

ということで、大阪でみないと見れない???

観てきました 『セデック・バレ(賽徳克・巴菜)』前編「太陽旗」、後篇「虹の橋」

前後篇合わせて、4時間半越え…カンヌに出品されたInterNational Ver.の2時間半の短縮版でなく

台湾での完全版での上映。

前編が上映された16日夜は、今回のアジアン映画祭の、ウェルカム・ナイトということで、

滞在中の、監督、出演者ら、映画人26人が登壇

CIMG0348.jpg
CIMG0331.jpg
CIMG0339.jpg
CIMG0337.jpg
CIMG0342.jpg
CIMG0344.jpg


本当にアジアって力強いって、しみじみ~~~

観たいモノは他にも、たくさんあったんですが、時間的なことと、気分というか気力の

問題で、『セデック・バレ』以外は、


高海抜の恋
ジョニー・トー監督、主演:サミー・チェン、ルイス・クー

これは、ちょっと前の香港春節前映画!っていうカンジの、ストーリー

ネタバレ覚悟で…人気映画スターのルイス・クーが、結婚式の最中に花嫁に逃げられ

失意のまま彷徨った先で、助けるのが、サミー!

サミーはシャングリラという、街から離れた山岳地帯で、小さな宿屋をやってるけど、

夫が行方不明という心に傷を負ってる…

そんな二人が、いろいろあって・・・という話。

話的には、普通のLOVEストーリーなんだけど、まあ、ジョニー・トーというか

ちょっと前の、勢いのあった頃の香港映画スターなんで、私的には、突っ込み処

満載

百事のCMを撮影するシーンや、人気者ルイス・クーを追うFANSのボードやら

もう、ストーリーそっちのけで、見入ってしまいました。

サミーはもう…なんて声も、あるけど…やはり、ちょっと傷ついた大人の女を

演じられる数少ない香港女優

最近は、モデル出の、演技力より、BODYと人気?なんて目を覆いたくなる若手が

増えている中、イイ味出していたような…出来でした。



もう1本は、台湾映画

『 LOVE

これは、監督が、豆導…ニウ・チェンザーで・・・・・・・・・・・・・



もう、豆導による、ニウのための映画

今人気の、小天(イーサン)も、マークも、エディ・ポンも、スー・チーやら、ビッキー・チャオ

やら、アイビーまでの、女優陣も、すべて監督を引き立てるために出ている???

としか考えられない

けど、やはり小物や、カメラ・ワーク、設定は、なんともオシャレ~~~で、

前日の、セデック・パレで緊張して、泣かなかったのに、この、何とも軽妙な映画で

不覚にも、涙してしまった

ま、お口直し!ってカンジでしょうか?

Read More »

首映会・・・ご報告

西門の首映会会場へ。

ちょっと怪しげなで、レッドカーペットはどうなるの?と
心配していたら、無用でした。


映画館前の、スペースに、小さなステージ
CIMG0230.jpg


その前にテントを張った30人分くらいの席…ゲスト用?

お祝いに贈ったお花が角々に、飾ってあって…ちょっと気分が盛り上がって きた?


それぞれをイメージして依頼してくれたスタンド花。
CIMG0218.jpg
CIMG0222.jpg


ERIC分の、ブルーのお花がゴージャスでステキでした。
CIMG0220.jpg


リハーサルをする気配もなく、18:00あたりから、マスコミ、プレスの
カメラがチラホラ登場。

最初にきたゲスト。DA MOUTHの、AISAと宗クン。

続けて若手芸人が纏まって登場!AISAの後ろの列に…

本日のメインは、ELVAらしいけど。。。

ぎゃ~~~
そこへ、GABY登場

GYM帰りなのか、大きな荷物に、CAP…まったくの普段着(でもステキ)
しっかり認識して頂きました。
CIMG0239.jpg

18:20分頃、ステージ裏側から、SMASH登場~~~
2階控室へ

ステージでは、次々とゲストが呼ばれ、SMASHとの関係や、映画との
関わりを話している模様…
CIMG0248.jpg
CIMG0242.jpg

ステージに向かって右手にいた私たちは、控室から出てきて、ステージに
呼ばれる5人が丸見え~~
手すりのある通路で、手すりを使って、ストレッチをするJIMMY社長。
もしかして、緊張してる?

呼ばれる前に、5人で円陣を組んで気合いを入れるとこなんて・・・
まるで体育会?

プレスの取材、インタビューを受けて、ゲストたちもみんなステージへ。
CIMG0256.jpg
CIMG0255.jpg

中華恒例の、成功を祈るイベ!風船を割って…LIVEへ
CIMG0270_20111204233550.jpg
CIMG0276.jpg


「我不要自由」
「祈祷」

と続いて、最後の曲。

VANNESSが、「場所を交代!」って言って、センターをJIMMYへ譲る

「You are my friend」
JIMMYもDEANも、アコギに換えて、しっとりと…

これでオシマイ…って言ったら、迷からアンコールの声!
「何する?」って相談してたけど…(できるのは、そう無いはず…)

結局

「老爺車」

ところが・・・ところが・・・
歌も、音も、全然合わない(もちろん裏音流れてるんだけど)
しまいには、主唱VANNESSも、GuiterのDEANも、苦笑いするほど…

あれ?これって、SMASHのだよね?(突っ込んでおこう~~)
CIMG0275.jpg


Read More »

首映会

首映会レポ…

イッパイ書きたいこと、あるけど、頭の中がグチャグチャなくらい

楽しかった

詳細なレポは

樂之路サイト


台北で、この映画の公開をサポートしていた迷朋さんの、サイト

とっても詳しく出ています。

私の感想は、オイオイ…他も含めて…



JIMMY・・・ミュージシャンとして、役者として、才能が溢れてる…でも、パパのほうが…


DEAN・・・もう、ホントに、ステキ眼力と、端正な顔立ち…日本での映画が楽しみ


CRIS・・・映画の中の、存在感は凄い


ERIC・・・しっかり役者している・・・映画の中の癒しだわ!


VANNESS・・すべてが、VANNESS・・・




本当に、公開になって嬉しい…

ずっとずっと、楽しみに待っていたから・・・





今までも、いろいろなイベで、渡台しているけど、今回ほど、満足して、幸せだった

イベはなかったかも~~

2006年、初めて、香港でスーを生で見た時以来くらい、嬉しかった・・・

やったね!

『樂之路公開おめでとう~~CIMG0217.jpg

CIMG0218.jpg
CIMG0220.jpg
CIMG0222.jpg
日本人迷からもたくさんのお花、届いてました

CIMG0230.jpg
CIMG0248.jpg
CIMG0242.jpg
CIMG0270_20111204233550.jpg
CIMG0252.jpg
CIMG0284.jpg


CIMG0301.jpg




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

SkyClock

ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/

プロフィール

JINA

Author:JINA
台湾スター☆VanNess Wuも好き
映画が好き・和菓子が好き:だからお茶やってます

しなやかな心を持って、毎日を過ごしたい

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自動WEBサイト翻訳(多言語)

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。